ジミーの40代から男がかっこよくなるブログ!

いつまでも若くパワフルでいるために、中年以降でも10歳以上若返る方法!

若返り 食べ物

薄毛対策にも!エイジングケアに絶大な食べ物リンゴの威力

投稿日:2019年1月26日 更新日:

Pocket

私はリンゴの驚異的なアンチエイジングと健康の効果を知ってから、毎日リンゴを1個は食べる事にしました。

リンゴ

最初は毎日1個食べると出費がバカにならないなあ。。なんてことも多少思いましたが、(^_^;)その健康と若返り効果を知れば知るほど、そのくらいはかなり安い支出だと思えるようになりました。(^^)

イギリスのウェールズ地方に「1日1個のリンゴで医者いらず」(An apple a day keeps the doctor away.)という古くから伝わることわざがあるように、リンゴには様々な健康に良い効果があります。

例えば、リンゴには、直腸・結腸ガンや肺がんを始めとする、あらゆるガンの発生を抑制する成分があることが明らかになっているそうです。

また、血圧やコレステロールを下げる働きもあり、心臓病や脳卒中の予防にも効果があると言われているんです。(年齢的にもこの辺りの病気の事はやはり気になりますよね~。)

 

そして、何と言ってもリンゴには次のような強力なアンチエイジング効果があるんです!

 

①りんごポリフェノールで活性酸素を除去

 

りんごのアンチエイジング効果で特筆すべきは、なんといってもリンゴに含まれるポリフェノールによる抗酸化作用です。

老化の大きな原因の1つに活性酸素があります。活性酸素がミトコンドリアの中に発生し、細胞にダメージを与えることで老化現象が起こると言われています。

人間の体内にはもともと活性酸素を除去する能力が備わっているのですが、年齢とともにその能力は衰えて行き、40代以降からその力は急激に弱まるそうです。(40過ぎると急に老けこむ人が多い気がするのはそのためか、、、(‘A`)

りんごには「リンゴポリフェノール」と呼ばれるプロシア二ジン、カテキン、エピカテキン、クロロゲン酸、ケルセチンなどが含まれており、特にプロシアニジンはかなり強い抗酸化作用を持っていると言われています。

リンゴを毎日食べることにより活性酸素の発生を大幅に抑えることが期待出来ます。

リンゴのポリフェノールは果肉にも含まれますが、特に皮や皮付近に多く含まれるそうなので、苦手でなければ出来れば皮ごと食べたいところです。

ちなみに私は皮ごと食べています。

皮を食べるのにあたってはよく、農薬やワックスなどの心配をされる方もいらっしゃいますが、日本で売られているリンゴはワックス等は使用しておらず、(リンゴは自身から発生する天然のロウ物質により自ら光沢を出します)また、残留農薬もほとんど無いそうなので、水洗いしてやればそのまま食べて健康上全く問題がないということです。

②便秘を解消し腸内環境を改善!

腸

便秘や下痢など腸内環境が悪いと健康には勿論、肌にもシワや肌荒れなどかなり悪い影響が出ますね。

リンゴには食物繊維が豊富でりんごを食べることで便秘の予防になります。

更に、りんごに含まれる「ペクチン」は体中で腸内の悪玉菌を除去して善玉菌を増やしたり便が硬くなるのを防ぎ、便秘を解消し、下痢の改善の効能もあります。

 

③ダイエットにも効果がある!

ダイエット

ポリフェノールには脂肪の吸収を抑制して体の外に排出する働きがありますが、更にリンゴポリフェノールの1つ、プロシアニジンには脂肪の蓄積を抑え、内臓脂肪をつきにくくする、という効果があります。

リンゴの皮に含まれているウルソル酸と呼ばれる物質にも肥満を解消する効果があるそうです。

また、リンゴの食物繊維は消化に時間がかかるので、満腹感が持続します。

実際私の経験でも、お腹が空いた時にリンゴを1個食べただけで、かなり空腹感が収まる実感がありますね。

 

甘い物を食べたくなったら、代りにカロリーが低いリンゴを食べることで健康とダイエットと若返りを手に入れましょう。

 

④肌のシミやシワ、色素沈着を抑える!

プロシアニジンにはシミや色素沈着の原因となるメラノサイトの生成を抑制する作用があります。

また、ポリフェノールの抗酸化作用には白髪の改善や加齢臭を抑える効果もあります。

⑤リンゴポリフェノールには育毛効果が!

毛根

我々多くの大人の男性にとって特に気になるのは薄毛ですが、嬉しいことになんとリンゴには何と育毛効果もあるそうなのです!

リンゴポリフェノールの中の6割を占める成分であるプロシアニジンには頭皮の血行促進や抗菌作用による育毛効果があり、富山大学での実験ではこのプロシアニジンによって71%の人の毛密度が増加し、1平方センチメートルあたり、22.8本も発毛し、48%の人で硬毛が増加したそうです。

また、リンゴポリフェノールには育毛に効果が認められ、病院でもAGA(男性型脱毛症)に対して処方処方されるミノキシジルやフィナステリドと似た効能があることも最近判明し、リンゴは食べても効果がありますが、りんごポリフェノールを頭皮に直接塗れば更に育毛効果は高くなります。

しかもリンゴポリフェノールには炎症や赤み、湿疹、かゆみなどの副作用も見られず、安心して使えるようです。

出来れば毎日1個食べたいですが、定期的に買ってきて毎日切ったりするのは面倒だという方には(特に夏などはお値段も高めですしね・・・)リンゴポリフェノールのサプリもあります。

熟成りんごの10倍 アサヒ 若摘みりんごポリフェノール 90粒

新品価格
¥2,700から
(2016/8/21 13:56時点)


私は1日1個のリンゴを食べるのを始めてからまだ数ヶ月ですが、便秘や下痢などは全くしなくなり、肌や体の調子も随分良くなってきた感じがします。(^^)
(リンゴには疲労回復効果もあるそうです)

 

実際ネットを見てもリンゴを毎日食べ続けて白髪やシワが減ったっていう人も結構な数でいますね。 味もおいしいですし、毎日のリンゴ、是非お試しを!

 

⑥不老のリンゴ 「ウトビラー・スパトラウバー」

最後に「究極の若返りリンゴ」をご紹介します。

スイスに「奇跡のリンゴ」「不老不死のリンゴ」と呼ばれる驚異の若返り効果があるリンゴがあるのをご存知でしょうか?

名前は「ゴウトビラー・スパトラウバー」と言う名前で、もともとは18世紀のスイスで長期保存用のリンゴとして品種改良されたものでした。

このリンゴは強力な抗酸化力により収穫後4か月間腐らなく味も全く変わらず、長期間新鮮な状態を維持できるようになった驚異的なリンゴなのです。

しかしそのため味がいまいちだったために食用として用いられることは無くなてしまったのですが、近年 「ウトビラー・スパトラウバー」の強い抗酸化力が医学界や美容業界で注目される事となったのです。

研究により、このリンゴが数か月劣化しない秘密は「幹細胞」であると考えらています。

「幹細胞」とは、古くなって欠損・破損した細胞を再生させる力を持つ細胞です。

幹細胞は自身が細胞分裂をしながら同時に他の細胞になることが出来ます。

その原理により、老化した細胞が新しい幹細胞によって生まれかわり、肌や体が細胞から若返らせる効果が期待されているのです。

現在までの研究ではウトビラー・スパトラウバーの幹細胞には次のような美容効果があるとされています。

〇シワを浅くする

〇肌質の改善

〇肌のハリを再生

〇保水力の上昇

〇肌の細胞の寿命を延ばす

〇肌のたるみ改善

このような細胞の再生による美容効果を得るため、ウトビラー・スパトラウバーの幹細胞を抽出し、培養した「リンゴ果実培養細胞エキス」を配合した化粧品が開発されるようになりました。
世界でたった20本の木しかないリンゴエキスを配合したエイジング美容液!

幹細胞効果によリ従来のスキンケア商品のように、水分やコラーゲンアド足りない物を外から補うというものではなく、細胞レベルから肌の若返り、表皮の活性化が行えるとして、美容業界から注目されています。

このようにリンゴは私たちには身近な果物ですが、実は若返りと健康に効果的な凄い力を秘めています。

これからは積極的にリンゴのアンチエイジングパワーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

-若返り, 食べ物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「メチレンブルー」で肌が若返るってホント?!実際に4か月試してみました!

アメリカ・メリーランド大学の研究チームは、数百円で楽天で普通に買える「メチレンブルー」が、肌の細胞の若返りにかなりの効果が出たという実験結果を、2019年5月に「Scientific Reports」 …

老化も加齢臭も撃退!抗酸化のために必ず食べたいあの食べ物!

アンチエイジングの強敵が活性酸素です。 呼吸によって取り込まれた酸素のうち約2%が活性酸素に変化します。 活性酸素には体に入った悪いウィルスや菌を撃退する良い役割もありますが、増えすぎると体を酸化させ …

40代からでも筋トレで強力に若返る!更に10の凄い効果!

筋トレには肉体や見た目の若返り効果があることが分かっています。 私自身も筋トレを習慣にしており、現在50歳になりますが初対面の人には年齢より10歳、またはそれ以上若く見られることが多いです。 私の歳を …

米大学で老化を劇的に遅らせる簡単な方法が発表される!

2017年にアメリカデューク大学の研究チームによる、老化を劇的に遅らせる事が出来る方法が “Journals of Gerontology, Series A: Biological Sc …

インナーマッスルを鍛えれば10歳若く見えるようになる!

顔が分からないくらい遠目からでも、実年齢より大分老けて見える人がいます。 50代とか60代くらいかなと思って近づいてみると顔を見るが意外と若かったり。 逆に遠目で若い人かと思って顔を見てみると意外とそ …

プロフィール

ジミー1970年生まれ 若返り研究家 自営業

いつまでも若々しくパワフルに生きるため、生き方、体の事、美容などについて研究を重ねています。

現在50歳になりましたが、日々の努力の甲斐もあって、体組成計が示す体内年齢は25歳。見た目は30代後半くらいに見られることが多いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。