ジミーの40代から男がかっこよくなるブログ!

いつまでも若くパワフルでいるために、中年以降でも10歳以上若返る方法!

メンタル

40代からの自分探し?自分は何者なのか。

投稿日:2020年2月16日 更新日:

Pocket

昔、若い世代を中心に「自分探し」と言う言葉が流行ったことがありました。
自分探しのために一人旅に出たりする人もいました。

更に現代では大量の情報があふれ、人生の選択肢が広がると同時に情報に惑わされることも多くなり、自分のやりたいこと、自分が何者であるかがわからなく「今は自分探し中」と言う若者が多いのではないでしょうか。

でも若者とはそういうものです。

自分が人生をかけてやりたいことはこれだ!とか、ほとんどの人にとってそうそう早いうちに見つかるものではありません。

いや、若者でなくてもそうでしょう。

40過ぎの大人が自分が何者であるというのは、それまでやってきた仕事や経験で「私は営業マン」「技術者」「運転手」「教師」などとそれぞれ思うでしょうが、もしリストラや失業、廃業した時に、それでも私はそうだと自信を持って言えるでしょうか?

またある職業についている途中でも何かのきっかけで、本当にそれが「自分の天職だったのか?」と迷う時がある人もいるのではないかと思います。

と言うのも私がそうでした。

仕事が安定している時、調子がいい時は、これが私の人生だ。、なんてなんとなく思っていましたが、いざ仕事が無くなった時
「私はいったい何者なのだったのだ?」
と悩んでしまいました。

「自分の存在さえ何なのかわからず震えている40の夜」でした・・ (ちょっと引用が懐かしい感じですが 笑)

15の夜

新品価格
¥250から
(2020/2/16 10:37時点)

若者ならともかく、40過ぎて「自分はいったい何者なのか?」なんて悩んでいるのはカッコ悪いし、辛いと思いました。

しかし結局のところ「自分が何者であるか」を決められるのは社会や他人の評価ではなく自分しかいないという事に気づいたのです。

言いかえれば、40過ぎでも50過ぎでも、60でも70でも自分は「何にでもなれる」わけです。

例えば還暦過ぎてから始めてピアノを練習し始めて、何とか1曲でも簡単な曲を弾けるようになったとします。

その人が「私はピアニストだ」と名乗っても何の問題も無いわけです。

もちろん「私はプロのピアニスト」だというのであれば。その演奏によってお金を取れなくてはプロとは言えないでしょうが、もしお礼出すから何かの集まりで披露してくれと頼まれたら大きな意味でプロと言ってもいいでしょう。

「いいや、ピアニストと名乗るからには最低限ある程度以上の技術は必要だ」と言う人もいるでしょう。

それも間違いではありませんが、例えばアルゲリッチのような世界一流のクラシックのピアニストが「私くらい弾けなければピアニストとは言えないわ」と言ってしまったら、ほとんどのプロピアニストが私は「ピアニストだ」と名乗れなくなってしまいます。

この例えはちょっと極端かもしれませんが、つまりは「自分が何者であるか」というのは他人が決めるのではなく「自分が何者になりたいのか」と言う意志によってきまるのです。

確かに40を超えれば若い人より自分の限界や可能性は限定的だと認識せざるを得ないところはあります。


40過ぎてからサッカーを始めてプロなってサッカー日本代表に入る事はほぼ不可能でしょう。

しかしサッカーを始めることは出来ますし、職業でも何かを新しく始めることは出来ます。

完璧主義ではなく最善主義でいけば、最高の自分になる事は年齢は関係なく可能なのです。

それは自分自身が自分に制限しなければ完全に許されている事なのです。「

自分へのセルフイメージや自分の意思が可能性をとてつもなく広げます。

実際に50歳過ぎて自分は37歳だと思い込んで、本当にそのくらいの見た目にしか見えなくなっている人もいます。

カーネルサンダースのように事業に失敗して一文無しの65歳から起業して世界的企業を作ってしまう人もいます。

他にも50過ぎてから初めて測量を学んで全国を歩き日本地図を作ってしまった伊能忠敬、54歳で「昆虫記」第一巻を発表したファーブルなど・・・

「いやーそれは一部のまれな例でしょう・・・」と言われるのも分かります。

しかし、少なくとも抽象概念であれば自分がどういう人間になりたいか(成功したい、心の強い人間になりたい、明るい人になりたい、愛される人になりたい、
金持ちになりたい・・・)という事であればそれは自分の意思次第です。

人生は一度きりです。あなたの人生の主役はあなたです。人の目や評価はあなたが主役のストーリーには全く重要ではありません。自分が何者であるかは自分で決め、幾つからでも最高の自分を目指していくのです。

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

ウィリアム・ジェイムズ(心理学者)

-メンタル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実はストレスは老化にも体にも影響はない?!

アンチエイジングの大敵ストレス・・・ あなたは今、何らかのストレスを抱えていらっしゃいますでしょうか? 人間関係、仕事、お金、健康・・・ 抱えているストレスの大きさは人それぞれですが、多かれ少なかれ、 …

40代からでも筋トレで強力に若返る!更に10の凄い効果!

筋トレには肉体や見た目の若返り効果があることが分かっています。 私自身も筋トレを習慣にしており、現在50歳になりますが初対面の人には年齢より10歳、またはそれ以上若く見られることが多いです。 私の歳を …

1日1分の逆立ちで心身ともに若返る!

逆立ちがアンチエイジングに効果的 昔から「逆立ち」はアンチエイジングや健康に効果があると言われ、ハリウッド女優やモデル、日本の多くの芸能人の間で行われてきたそうです。 現在でもカーラ・デルヴィーニュさ …

【どん底】落ち込んだ時や、気分が辛い時に立ち直る方法【逆境】

これから「自分の人生が良くなるはずはない」というのは、ただの傲慢な思い込み 人生は誰にでも例外なく、良いときもあれば悪い時もあります。 特に今は新型コロナウイルスの影響で明日が見えなく、辛い気持ちでお …

睡眠不足は老化の原因にも!睡眠障害や不眠症を解消する方法!

睡眠には健康だけでなくアンチエイジングにも深い関係があります。 実際に寝不足になるとわかりますが、私が仕事で徹夜や睡眠不足の日が2.3日続いた時に、朝自分の鏡を見た時には、しわや目の下のクマ、やつれ感 …

プロフィール

ジミー1970年生まれ 若返り研究家 自営業

いつまでも若々しくパワフルに生きるため、生き方、体の事、美容などについて研究を重ねています。

現在50歳になりましたが、日々の努力の甲斐もあって、体組成計が示す体内年齢は25歳。見た目は30代後半くらいに見られることが多いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。