普段の姿勢を直すだけで驚くほど若返り、集中力も持続する!

体力、精力
Pocket

普段の生活の中でちょっと習慣的に意識するだけで、より若く、かっこよく、太りにくくなり、自信にあふれて強く見え、やる気がみなぎり、健康になり、体の痛みも治り、集中力や意志力も鍛えられる方法がある、と言われれば是非始めてみたいですよね。

それは「姿勢を良くする事」なんです。

「なんだ、そんなことか!」と思われましたでしょうか?

しかし、普段から良い姿勢を保つだけで、先に挙げたような様々な効果がある事は科学的にも証明されているのです。

子供のころから、親や先生に「背筋をちゃんと伸ばしなさい!」と言われた記憶のある方も多いと思いますが、実際には、多くの日本人の大人は普段の姿勢があまり良くないようです。

長時間のデスクワークやネットサーフィンなどをしていて、ふと気がつくと、前かがみで猫背になって肩こりに悩まされていたり、逆に後ろに反り返りすぎて腰を痛めそうな姿勢になったりしていませんでしょうか?

悪い姿勢がくせになってしまった人は、普段から意識していないと良い姿勢を保っていることは難しく、つらいものだと感じてしまうようですが、実は良い姿勢の方が体への負担は少なく仕事の能率も上がります。

姿勢を良くすることによって得られるメリット

若く、元気に見える

姿勢が悪いと元気が無さそうに見えるだけでなく、実際の歳より老けて見えてしまいます。

「しらべえ」という調査サイトでは「なぜか年齢より老けて見える人、その要因は?」というアンケート結果(2015年)では「姿勢」が3位になっています

1位 肌のシワ 29% 4,081票
2位 白髪 24% 3,448票
3位 姿勢 13% 1,884票
4位 ファッション(洋服のチョイス) 8% 1,263票
5位 肌のシミ 8% 1,204票

<参考>https://sirabee.com/2015/11/04/57905

若々しく存在感があるモデルや俳優さんなどは共通して姿勢が良いものです。

俳優の高倉健さんは83歳まで亡くなるまで、常に姿勢が良くて立ち振る舞いもかっこよく礼儀正しくて、ファンだけでなく共演した俳優さんは皆憧れていました。

健さんは晩年でも常に姿勢は良く、その姿にはストイックに生きてきた俳優の人生が現れています。

また、天海祐希さんや大地真央さんなど、宝塚出身の女優さんは普段の立ち姿や姿勢に対して長年厳しく指導されてきただけに、皆さん実際の年齢より若々しくて立ち姿は常に美しいですね。

このように普段から姿勢を良くしている事には見た目的にも若々しくなりますが、体を適切なバランスに保つことで筋肉の発達や血流を促し、体の内側からも若返る効果もあるのです。

健康に良い

例えば、長時間のデスクワークなどで最初は意識して長い時間姿勢を良く保っていたとしても、しばらくすると作業の疲れから無意識に猫背になっている事はないでしょうか。

しかし姿勢が悪い猫背の状態は、頭をまっすぐに首の上にのせて姿勢を良くしている状態より肩、背中の筋肉に無理な負担がかかっています。

そのため悪い姿勢がくせになっている人は肩やクビのこりや痛みが慢性化してしましまいます。

また、肺や胃、腸などの臓器も常に圧迫されている状態ですので、正常な内蔵の機能や代謝活動を妨げてしまいます。

首の中には重要な神経が多く通っていますが、その首がこっていて神経を圧迫したり、悪い姿勢で圧迫された肺によって呼吸が浅くなり酸素が十分取り入れられなかったりすると自律神経のリズムも乱れてしまう事があります。

自律神経の乱れは慢性的疲労、、めまい、睡眠障害、便秘、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、うつ、不安感、イライラ疎外感、やる気が出なくなるなど多くの悪い症状を引き起こす原因になります。

もし普段から疲れが取れない、落ち込みやすい、気分があまり良くない・・・などの不調を感じていたら、まず自分の普段の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。

痩せる

姿勢が悪い人は基礎代謝が下がり太りやすくなります。

例えばずっと座っているだけでも、姿勢を良く保つだけで体内の機能や血流が正常になり、代謝が20パーセントも上がるといわれています。

代謝アップに加え、正常な血流が冷え性や便秘の改善、老廃物の排出促進にもなることで痩せやすい体になります。

また、普段の姿勢が悪いと、姿勢を保ち内蔵を正常な位置に支える体の中の筋肉(インナーマッスル)が衰えて伸びきってしまい、内蔵が重みで前に垂れ下がる事でいわゆる「ポッコリお腹」になってしまいます。


逆に良い姿勢でいると、お腹は引っ込み、男性は大胸筋が強調され、女性はバストアップした美しい見た目になります。

精神の安定

先にも挙げましたように、良い姿勢は浅い呼吸を改善し首や肩のコリを緩和する事などにより、自律神経のリズムを正常にして気分の落ち込みやイライラ、不眠などを改善します。

更に姿勢を正すと精神を安定させる脳内物質のセロトニンの分泌を促進しますので、精神面の安定に効果があります。

心理学的にも、姿勢を良くしているだけで鬱を改善し、自分に自信を持つことが出来て考えがポジティブになるという研究結果が良く知られていますね。

<参考>https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0005791616301719

集中力や、やる気が鍛えられる

仕事の上ではもちろん、日常のここぞという場面でのやる気や長時間集中出来る能力は誰もが欲しいですよね。

アメリカの心理学者ロイ・バウマイスターの著書、「意志力の科学」
によると、集中力ややる気は「鍛えることが出来る」といいます。

WILLPOWER 意志力の科学

新品価格
¥1,944から
(2019/1/19 13:37時点)

その方法として、日頃無意識にやっている行為を「やらないようにすること」として、普段から出来るだけ良い姿勢保つことを推奨しています。

無意識に悪くなっている姿勢を、その都度意識して正しい位置に保つことによって集中力が鍛えられていくのです。

また、集中力ややる気を司る部分は脳の前上部にある「前頭葉」になりますが、

姿勢を良くすることにより、前頭葉のエネルギー源であるブドウ糖と酸素を脳に送り届ける血流を促し、集中力を高めることが出来ます。

正しい姿勢とは?

姿勢を良くすることで得られるメリットを見てきましたが、では「良い姿勢」「正しい姿勢」とはどのようなものでしょうか?

立っている時

立っている時の正しい姿勢を確認するには、まず壁の前に立ち、顎を引いてお腹を引き締め、軽く胸を張ります。

そして後頭部、肩甲骨、お尻、かかとが壁につくようにします。

この状態を体で覚えます。

座っている時

  1. 顎を引き、頭を首の上にしっかりのせる
  2. お尻と腰を直角にする(一度椅子にお尻を後ろまで深く座るとよい
  3. 両膝をつける
  4. 足の裏を床につける

3.の「両膝を付ける」という事は女性はもちろん、座った時に脚が開きがちな男性も
行った方が良いです。

脚と膝が開くと骨盤も開いてしまい猫背になりがちです。

足と膝をしっかり閉じ、脚の裏を床につけることで自然に背筋も伸びます。

良い習慣が良い人生を作る

人間は習慣の生き物ともいわれます。
普段から良い習慣を行っていれば良い人生になるでしょう。

普段から意識して姿勢を良くすることも健康、若さ、集中力を高め仕事の効率や質を上げる、などなど多くのメリットがありますので是非取り入れたい習慣ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました